風洞実験施設

風洞実験施設公開

先端研1号館にある3m風洞は、風を人工的に発生させる実験施設です。
東海道新幹線の初代車両0系や長野五輪のスキージャンプ飛行の最適化などの実験が行われました。
1930年(昭和5年)につくられ、普段は見ることができない貴重な施設を特別に公開します。

先端研 1号館1階 風洞実験室

先端研1号館にある3m風洞は、風を人工的に発生させる実験施設です。
東海道新幹線の初代車両0系や長野五輪のスキージャンプ飛行の最適化などの実験が行われました。
1930年(昭和5年)につくられ、普段は見ることができない貴重な施設を特別に公開します。