バリアフリーシンポジウム 「貧困問題から考える大学研究の役割」

湯浅 誠 特任教授 中邑 賢龍 教授 福島 智 教授 近藤 武夫 准教授 熊谷 晋一郎 准教授
現代日本の社会問題に大学の研究者はどのように切り込んでいくことができるでしょうか。本シンポジウムでは、貧困問題を含むさまざまな社会活動を実践してきた湯浅誠氏の話題提供を切り口に、バリアフリー分野の研究者がそれぞれの立場か…

複合原子層科学:切る・はる・ひねるで拓く物性

生産技術研究所 町田 友樹 教授
スコッチテープというどこにでもある文房具を用いて、原子1層分の厚みしかない究極に薄い物質:単原子層膜(グラフェンなどの二次元結晶)が実現できる。さらに様々な単原子層膜を積み重ねると、重ね方次第で驚くような性質(物性)を示…

生命科学講演会「生命科学小史と未来史〜この四半世紀に何があり、次の四半世紀に何をみるか〜」

先端科学技術研究センター システム生物医学ラボラトリー (LSBM)
ゲノム DNA の解読、生体高分子の解析、iPS 細胞の作成など、生命科学は大きく進歩しました。また、バイオインフォマティクス、分子動力学計算、データサイエンスなど生命が持つ情報を計算科学を用いて分析する研究分野も大きく…

日本の再生のための二つの重要テーマの研究と実践・普及(生産技術研究奨励会助成)

主催:一般財団法人生産技術研究奨励会 共催:生産技術研究所 生産技術研究所 沖 一雄 特任教授 生産技術研究所 巻 俊宏 准教授 生産技術研究所 沼田 宗純 准教授
東京大学生産技術研究所の支援財団である生産技術研究奨励会の研究助成を受けた新研究領域についての講演会として、「災害対策トレーニング 」と「農業再生及び地方創生」をテーマとした研究と実践・普及の取り組みを紹介いたします。

建築の設計と設備運用における人工知能利用の可能性

生産技術研究所 大岡 龍三 教授
設計するという行為は、ある目的を達成するための機能を最大限にする仕様を確定することである。また、目的が複数以上あり、それら相互にトレードオフの関係にある場合、それらの間の妥協点を探ることも設計行為となる。建築であれば、安…

先端研 グローバルセキュリティ・宗教分野 特別講演会・パネルディスカッション「地政学復権の時代のグローバルセキュリティ」

講演「国際協力とグローバルセキュリティ」講師 北岡伸一国際協力機構(JICA)理事長 パネルディスカッション鈴木一人・北海道大学公共政策大学院教授 池内恵・東京大学先端科学技術研究センター教授 小泉悠・東京大学先端科学技…

政治寄席2019  オーラル・ヒストリーあれこれ ―― テレビ・ラジオを味わいつくす

牧原 出 教授 御厨 貴 客員教授
政治家・官僚・文化人など公人が経験を語り、それを記録するオーラル・ヒストリー。政治の現場の息づかいが聞こえてくる記録です。そのこぼれ話、聞き手の側の「道具箱」など、ゲストとともに語りつくします。 ゲスト: 東京大学法学政…