ナノ材料の多彩な光機能【立間研究室】

ナノ材料の多彩な光機能【立間研究室】 中高生向け大学生誰でも一般向け企業研究者向け

金属をナノレベルにまで小さくすると、プラズモン共鳴という現象により光を吸収したり、散乱したりします。その共鳴波長は、粒子の大きさや形に依存して大きく変化します。工夫次第で、吸収した光のエネルギーを電気に変換したり(光電変換)、化学反応に利用したり(光触媒)、多彩な機能を引き出すことができます。 このライブイベントでは、ナノ材料を作る様子や、多彩な光機能の一部を、動画なども交えてご覧いただく予定です。 金属以外の化合物材料や、量子ドットなどの話も予定しています。幅広くご参加をお待ちしています。

関連研究室