先進塑性加工技術:微細精密プレス成形とマイクロチューブフォーミング

先進塑性加工技術:微細精密プレス成形とマイクロチューブフォーミング 企業研究者向け

本日のイベントですが,諸事情により中止させていただきます.
アクセスして頂いた方につきましては大変申し訳ありませんでした.

 

本研究室では, 主に日本の”ものづくり”の基盤技術である,塑性加工,塑性工学に関連する“材料の変形”をテーマにした変形加工学に関する研究を行っています. 本研究室のキーワードである“塑性”とは,材料にある限度以上の変形を加えるとゴムのように元の形に戻らず永久変形を生じる現象のことです. この“塑性”を利用した材料加工法を塑性加工と言い,材料を無駄にしない非常に重要な技術です. 本研究室では,材料の永久変形に着目し,主に金属材料を中心にプレス成形,チューブフォーミング,材料モデリング,また金型を使わない塑性加工技術であるダイレスフォーミングやマイクロ塑性加工に関する研究開発とその応用について,実験および理論研究を行っています. 6月11日(金):10時~12時(企業向け)にバーチャル研究紹介をZoom上で行います.上記の加工技術に興味のある企業の方は,ぜひご参加ください.簡単な研究の説明から,興味のある加工技術に関して深い解説を行います.

6月11日(金):10時~12時(企業向け)のスケジュールは下記のとおりです.

10:00~10:10 研究室の説明
10:10~10:45 「多結晶金属材料の不均質性とは何か?- 表面あれ進展から見た評価とマイクロ塑性加工における意味 -」
10:45~11:00 フリートーク
11:00~11:10 休憩
11:10~11:45 「ダイレス引抜きによる生体吸収性マグネシウム合金薄肉細管の創製とステント形状への加工および評価」
11:45~12:00 フリートーク

発表を聞いて個別に興味がある方にはZoomあるいはWebEXのリンクを生成して上記時間外にご相談することも可能です.
是非ご相談ください.

研究室HP:https://www.furulab.iis.u-tokyo.ac.jp/

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=WKgafc2jePA

関連研究室