医療検体・薬剤用生体の保存技術<br>ー生体系の水の計測と制御-

医療検体・薬剤用生体の保存技術
ー生体系の水の計測と制御- 企業研究者向け

 臨床検体に含まれる生体分子や細胞等は,重大疾患を早期発見する目安になるバイオマーカー(主としてタンパク質)や核酸を含んでいるため,個々の健康管理や個別化医療を行う上で重要な情報源となります.また,バイオ薬剤に含まれる多くの生体分子にも,タンパク質や核酸が含まれています.この様な生体分子は,採取・精製した直後から劣化が進むため,品質を維持することが重要になります.本研究室では,液性検体や薬剤を,常温乾燥により品質を維持した長期保存を実現する方法について研究を進めています.イベントでは,特にこのような系の水の状態に着目した研究の紹介をします.

関連研究室