固体の原子配列秩序と物性  ー結晶・準結晶・アモルファスー

固体の原子配列秩序と物性  ー結晶・準結晶・アモルファスー 中高生向け

〇中高生向け講演

 あらゆる固体は、多数の原子が集まってできています。このとき、集まる原子の種類や原子同士の結合の仕方によって、原子の配列に様々な秩序が現れます。固体は原子種の違い、原子間の結合様式の違い、またその結果生じる原子配列秩序の違い等を反映して様々な物性(力学的性質、電気的性質、磁気的性質など)を示し、そのような様々な固体材料は我々の日常生活に大いに役立っています。固体の原子配列秩序には、大きく分けて3種類あり、それぞれ結晶・準結晶・アモルファスとよばれています。本講演では、それらの秩序形態の特徴を説明したのち、特にそのような原子配列秩序を反映して現われる特徴的な物性についてお話します。

関連研究室