皮膚深さ方向の水分分布計測<br>ー皮膚内の自由水-

皮膚深さ方向の水分分布計測
ー皮膚内の自由水- 企業研究者向け

皮膚は,ヒトの最表面を覆うことで外環境から生体内の環境を保護している,面積が最大の臓器です.ヒトはその質量の60~80%が水からできており,体内のあらゆる代謝は全て水を介していることから,体内の水分の維持は極めて重要です.皮膚は大きくは皮溝で区画された皮丘で構成されていますが,表面から深さ方向に角質層,表皮,真皮からなる層状の組織配列を有して,体内への水分の出し入れを行っています.本研究室では,誘電分光により自由水や結合水を測定する技術を有しており,これを応用することで,角質層から表皮の下層にいたる皮下1mm程度までの自由水の分布を測定することができます.イベントではヒトの皮膚に関する実測結果・測定手法について説明をします.

関連研究室

None found