組込型センサによる極限環境下での構造健全性診断

組込型センサによる極限環境下での構造健全性診断 企業研究者向け

当研究室では、航空機・自動車への適用が進む軽量複合材料構造を対象として、その健全性を簡便に診断するための、光ファイバ超音波センサによる構造ヘルスモニタリング技術や、レーザー超音波を用いた非破壊検査技術に関する研究を進めています。 さらには、高温などの極限環境にも適用可能な組込型センサを用いた検査システムの構築を試みています。本講演では、これらの革新的な検査技術について紹介をします。

関連研究室