高効率生産のための加工・組立要素技術

高効率生産のための加工・組立要素技術 企業研究者向け

当研究室は,微細スケールからマクロスケールまでを対象として、形状を創成する除去加工技術,組立・実装・検査技術の開発を行っています. おもに機械加工に関する未解明な現象を分析・解明することで、従来より生産性の高い加工・製造技術につなげる研究を行っています。特に、工具と工作物の界面で起きるミクロな現象に着目して、各種顕微鏡による観察、各種センサを用いた力計測、マニピュレータによる微細操作等のコア技術を使ってアプローチします。 今回は、個々のテーマについてこれまでの研究成果や今後の課題についてご紹介します。

関連研究室