生命分子の急所を狙撃する小さなスナイパーたち ~生命を知るための合成化学~

生命分子の急所を狙撃する小さなスナイパーたち ~生命を知るための合成化学~ 誰でも

生命・細胞は、数多くの生命分子で構成されています。いつ、どこで、どのくらいの量の生命分子や細胞がわれわれの体の中で働いているのか、それらの振る舞いを見たい、もしくは制御したいと考えています。そのための化学反応や化学物質を開発し、さらにはそれらの技術を病気の診断や治療に役立てることを目指しています。
キャンパス公開では研究成果の一端を紹介します。また、紙でできたDNA模型の作製を実演します。

参加講演者
安藤 帆菜美、梅田 侑生、大住 拓輝、藤田 涼香、山本 一穂、林 伊静、宇野 大輝、豊田 宇咲乃、根本 祐衣、濱邉 美佳子、森田 駿人、徐 云嵩、廖 宣宇
李 雪陽、池田 諒佑、久保 光一、込山 凌成、冨田 康弘、安田 壮秀、山田 征吾、山本 涼太郎、吉田 和生

 

関連研究室