機械・生体系部門 / 人の健康とバイオ / ウイルス機能工学

ウイルスによるがん治療法

日本人の2人に1人は、一生のうちに何らかのがんになるという統計が出ています。残念ながら、今やがんは誰でもなりうる身近な病気といわざるを得ません。今や、コロナウイルス感染症の拡大で、ウイルスという言葉を耳にしない日はありません。本来ウイルスとは、感染症の原因として恐れられる存在ですが、我々は、逆に、ウイルスの利点に注目して、ウイルスによる新規のがん治療法の開発を行っています。実用化を目指し、近く臨床試験を開始します。