価値創造デザイン推進基盤 / 先端ものづくりと価値創造デザイン

建築の新しいプロトタイプ-

「生研トレジャーハンティング」に参加しませんか?

各研究室を巡り、「道具箱カード」を集めると、下記ゲームに参加できます。
・カードゲーム「ひみつの研究道具箱」ウェブサイト

・イベントページ「生研トレジャーハンティング」
※「道具箱カード」をゲームで使うために、下記の「パスコード」を手元に控えて下さい。

【パスコード】2639

-----------------------------------------------------------------------------------------

今井研究室では、さまざまな建築の新しいプロトタイプを考案して社会実装しています。その試みを2点ご紹介いたします。

1. PENTA: 3Dプリント技術を用いたセルフビルド実験住宅 2018.12 - 


ダウンロード 参考資料 さらに興味のある方は是非ご覧ください。 Please download and refer the following materials if you have further interest. 

生産研究「文化をめぐる人文と工学の研究グループ」特集号 PENTAについての論考を掲載しております。
The Perspective about 'PENTA' has been published.
"Engineering for Free Lifestyle", SEISAN KENKYU " The Humanities and Engineering Cultural Research Group" PDF download J-STAGE

特許公開資料 PENTAの幾何学システムについて、特許が公開されています。
Patent publication material 知財ポータル「IP Force」 URL

 

2. 伊豆の津波避難複合施設 2019.04 -

海側イメージ

本計画は津波避難と観光の機能が高度に融合した、全く新しい建築のプロトタイプである。防災施設であると同時に観光施設としての日常利用を可能にすることにより、地域経済効果を上げることに加え、市民が施設利用に慣れることで避難時の安全性を向上させる。観光客数と地域の人々の居住分布から想定された約1200人が避難する2,3階の床は、景勝地に建つため商業空間・展望台として価値が高い。10m以上の柱が津波の力に耐えるために必要になる中間梁のレベルには、小さな津波の避難のため、また大人数が避難した際の混雑を回避するために、中間避難階が設けられている。この半屋外の場所は、上部の避難スペースがつくる日影があり、風通しが良いピロティ状の空間であることから、海水浴の来訪者のための空間として積極的に利用されるだろう。さらに、人々をスムースに上へ避難させるために十分な幅員を持った階段が、建物外周部に視認性の良いテラスと共に配置されており、ここを上がる人々は松原の中で眺望を楽しみながら最上階の展望スペースに上がっていく体験ができる。

*本計画は加藤孝明研究室(地域安全システム学)と協働のプロジェクトである。

This project is a prototype of a completely new architecture that integrates the functions of tsunami evacuation and tourism. It is a disaster prevention facility that can be used as a tourist attraction on a daily basis, thus increasing the economic impact of the area and improving the safety of the evacuation process by familiarising the public with the facility. The top and roof floors, where approximately 1,200 people will be evacuated based on the number of tourists and the residential distribution of the local population, are of high value as commercial space and observatory deck due to their location in a scenic area. In order to avoid congestion when large numbers of people evacuate, an intermediate evacuation floor is provided. This semi-outdoor place will be actively used as a space for sea bathers, as it is a shaded and airy piloti space created by the upper evacuation space. In addition, a staircase wide enough to evacuate people upwards smoothly is placed on the periphery of the building, together with a highly visible terrace, so that people can experience going up to the observation space on the top floor while enjoying the view in the pine forest.

*This project is in collaboration with Takaaki Kato's laboratory (Planning and Engineering for Social Safety System).


短手断面図(左) および 海側立面図(右)


鳥瞰イメージ

OPEN CAMPUS 2021.06.11-12

LINK to IMAI LAB 

Related Posts

None found